【京都・宇治】御朱印めぐりの旅。世界遺産・平等院編


京都・宇治の観光名所「平等院」。
JR宇治駅から歩いて約10分程のところにあります。

平等院は、1052年に藤原頼通が父・道長の別荘であった宇治殿を寺院に改めたのが始まり。

そして平等院鳳凰堂と言えば、10円玉に描かれていることでも有名ですよね。

そんな平等院に観光も兼ねて、御朱印をいただきに行ってきました!

そこで今回は、平等院の見どころや御朱印についてご紹介します。

世界遺産「平等院」


平等院の本堂である鳳凰堂。(10円玉に表記されている絵のモデル)


平等院の入り口。真っ赤な門が特徴的です。

拝観料金は、大人一人600円。
鳳凰堂内部を拝観したい場合には、志納金として300円が必要です。


鳳凰堂は思ったよりも大きく、写真におさめるのが中々難しかったので、分けて撮影。


紅葉の見頃ということもあり、赤く染まったもみじがとても綺麗でした。


日本三大梵鐘と呼ばれる梵鐘。間近で観ることが出来ます。

鳳翔館


多くの平等院に伝わる国宝を収めた博物館。

館内は撮影禁止だったため、詳しくは公式ホームページをご覧くださいね。

国宝の梵鐘や鳳凰も美しいのですが、なんと言っても元々鳳凰堂にあった52体の内の26体の雲中供養菩薩像がとても美しかったです。

シーンとした静謐な空間で観る雲中供養菩薩像は、仏像好きの方にはたまらないことでしょう。

御朱印について

平等院の敷地内には、宗派の違う3つの寺院があります。(平等院・浄土院・最勝院)
そのため、平等院の集印所、浄土院の集印所、最勝院の集印所、計3つの御朱印をいただくことができます。

平等院で御朱印をいただける場所は3ヶ所
・鳳凰堂
・浄土院
・最勝院

平等院鳳凰堂 御朱印

【御朱印料金】300円
【場所】鳳凰堂から鳳翔館に向かう参拝経路の途中左手にあります。
【時間】午前9時〜午後5時
【種類】「鳳凰堂」と「阿弥陀如来」の2種類から好きな御朱印を選ぶことができます。
今回は、鳳凰堂をいただきました。

最勝院 不動堂 御朱印

平等院の境内にある最勝院 不動堂。
こちらでも御朱印がいただけます。

【御朱印料金】お心付け(御朱印をいただく自分自身で料金を決める形式をとっていました)
御朱印料金の相場は、300円と聞いていたので今回わたしは300円を収めました。

【場所】拝殿のすぐ隣。

浄土院 御朱印

今回わたしは、いただかなかったのですが、鳳凰堂の裏手にある浄土院でも御朱印をいただけます。

知らないと通り過ぎてしまうような場所にあるので、注意が必要です。

浄土院では、3体の雲中供養菩薩像の判が特徴的な御朱印をいただけるそうです。

お気に入りの御朱印帳を探そう!

御朱印巡りに欠かせないのが、御朱印帳。
神社やお寺でも買うことが出来ますが、せっかくなのでお気に入りの御朱印帳を探してみませんか?
今はネットで可愛い・格好良い御朱印帳が手に入るのでおすすめです。

御朱印めぐりにおすすめのガイドブック

▼女性におすすめのオシャレで可愛いガイドブック。

▼御朱印について、わかりやすくシンプルに説明されており、御朱印初心者や上級者まで楽しめる内容になっています。

平等院の営業時間・アクセス方法について

営業時間 【開園】8:30〜17:30 入園受付17:15まで
【開館】9:00〜17:00 鳳翔館(入館受付16:45まで)
【拝観】9:30〜16:10 鳳凰堂拝観は20分毎に1回50名の入場制限あり
所在地  〒611-0021  京都府宇治市宇治蓮華116
交通アクセス  ・JR奈良線宇治駅から徒歩約10分
・京阪宇治線宇治駅から徒歩約10分

※上記情報は、最新の情報とは異なることがございます。最新の情報につきましては平等院 公式ホームページにてご確認ください。

おわりに

世界遺産である平等院について、お伝えしましたがいかがでしたか?

宇治・平等院では、御朱印が3ヶ所でいただけるのですね。
平等院は、観光はもちろん、御朱印巡りも楽しめる場所です。

そして宇治には、抹茶グルメを楽しめる場所もたくさん!
宇治を思いっきり満喫してくださいね。

▼合わせて読みたい!

【京都・宇治】御朱印めぐりの旅。「興聖寺」編

2018年12月11日

【京都・宇治】に行ったら立ち寄りたい。抹茶の名店3選

2018年12月5日

スポンサーリンク