フランス人に学ぶ!節約術。節約しながらファッションを楽しむ秘訣

フランス人というと、ファッショナブルで洗練された印象があるもの。

しかし、だからと言って、ブランドの高い洋服を買ったり、頻繁にファストファッションの洋服をとっかえひっかえ買ったりなどはしていないようです。

実際にフランスは、驚くほど堅実かつ節約家な国民性。

普段から徹底した節約マインドが身についているのですね。

そんなフランス人からは、学べることが多いはず!

そこで今回は、節約家だけど、おしゃれもしっかり楽しむフランス人から学ぶ!節約しながらファッションを楽しむ秘訣をご紹介します。


1.自分をよく知る

失敗しない服選びのコツは、自分をよく知ること。

フランス人は、自分には似合わないのに、流行っているからという理由で洋服を買ったりするようなことはしないようです。

日本では、流行を追いかけ、トレンドファッションに身を包むことがオシャレだと思われがち。

しかし、トレンドファッションが自分に似合うとは限らないものですよね。

しかも、トレンドを追いかけ続けることをすれば、毎シーズン、新しい服を買い続けなくてはいけなくなります。

毎シーズン、トレンドの洋服を買い続けるということは、大きな出費につながりますよね。

その点、フランス人は、自分をよく知りつくし、自分に似合う洋服を着こなすことに重きを置いている人が多いようです。

そして、流行に流されず、自分に本当に似合う洋服に出会った時にのみ、洋服を買うのです。

妥協をせず、自分らしい個性を生かしたファッションをしているからこそ、とびきりオシャレに見えるのですね。

節約をするためにも、自分のことをよく知り、自分に本当に似合う洋服だけを買うように心がけましょう。

2.簡単には買わない

フランス人は、ショッピングに出かけたとしても、そう簡単にはモノを買わないようです。

流行ってるからという理由や、ちょっと可愛いからという理由だけで、洋服を買わないそうです。

本当に気に入った洋服に出会わないかぎり買わないのがフランス人。

ワードローブをお気に入りのみで固めれば、満足度も高く、そう頻繁に買い物をする必要もなくなるのですね。

3.ベーシックなアイテムを着回す

ベーシックなアイテムをオシャレに着回すのが上手なのもフランス人の特徴。

フランス人のファッションは、驚くほどシンプル・ベーシック。

ベーシックなアイテムは、着回しもしやすく、飽きずに長く着こなせるというメリットがたくさんありますよね。

もし今、手持ちの洋服にベーシックなアイテムが少なければ、ワードローブを一度見直してみてはいかがでしょうか?

4.ブランド品にこだわらない

フランスは、高級ブランド発祥の地でもありますよね。

しかしフランス人は、ブランド品にはこだわらない人が多いようです。

フランスでは、自分に似合うかどうかに重きを置いているので、身の丈に合わないモノは身につけないし、自分の収入で買えないモノは、そもそも欲しいとも思わないそうです。

自分をよく知り、自分スタイルを確立しているからこそ、格好良くオシャレに見えるのですね。

おわりに

ファッショナブルな印象のあるフランス人ですが、実際には洋服にそこまでお金を掛けないようです。

洋服一つ選ぶにしても、自分に似合うものを真剣に選んでいるからこそ、自分のスタイルが確立されてオシャレなのですね。

フランス人を見習って、節約しながらオシャレを楽しみませんか?

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今回の記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです。

▼フランス人の素敵な節約生活が知れるおすすめの一冊です!

▼こちらの記事もおすすめです!

パリジェンヌに学ぶ!教養の身につけ方

2019年1月28日

一番の節約方法「買わない暮らし」をするための秘訣

2019年1月26日

スポンサーリンク