ディズニー映画実写版「アラジン」を映画館で観るべき理由


先日、話題の映画・ディズニー実写版「アラジン」を映画館に観に行ってきました。

最近はもっぱら映画動画配信サービスにお世話になっており、映画館に映画を観に行くのは、映画館で観た方が楽しめるだろうと思う映画のみにしています。

そんななかでも、今話題の映画・ディズニー実写版「アラジン」は、間違いなく映画館で観るべき映画だと思います!

ストーリーはもちろんのこと、映像、音楽などを含めた迫力・臨場感は、映画館で観た方が100倍楽しめるかと。

そこで今回は、実写版・「アラジン」を映画館で観るべき理由を勝手に挙げてみました。

理由①映像のクオリティーが高いので大画面で観ると迫力や臨場感を楽しめる

最初から最後まで、映像のクオリティーが高く、飽きることなくあっという間にラストを迎えます。

「アラジン」の舞台、アグラバーも如実に再現され、観ていてワクワクしっぱなしでした。

筆者は、アニメより実写版の方が臨場感があって楽しいなと思ったほど。

「アラジン」のキーパーソンであるウィル・スミス演じるジーニーも魅力が溢れ、終始楽しませてくれます。

魔法の絨毯などのキーアイテムも如実に表現されていて、大画面で観ることができる映画館で観ると倍の感動が味わえると思います。

理由②ミュージカル映画なので音響が優れた映画館でこそより楽しめる

ディズニー映画である「アラジン」は、言わずと知れた“ミュージカル映画”。

ミュージカル映画って映画館でこそ思いっきり楽しめると思いませんか?

大音響の中、歌唱力の高い俳優さんたちの歌に酔い知れることができちゃいます。

「アラジン」の名曲の数々を映画館の大音響の中で聴くことで、より一層この映画が楽しめます。

理由③エンターテイメント性が高いからこそ映画館で観るべき

実写版「アラジン」、終始ワクワクしっぱなしで思い切り楽しむことができました。

この映画、本当にエンターテイメントといった感じで、ディズニーランドに来てるかのような高揚感を感じさせてくれます。

映像・音響含めて映画館で観ることによって、より一層エンターテイメントを感じることができるかと思います。

おわりに

期待以上に楽しくてしょうがなかった実写版「アラジン」。

映像・音楽が本当に優れているエンターテイメント作品なので、ぜひ映画館に足を運んで観てみてはいかがでしょうか。

おすすめです!

▼実写版「アラジン」の予告はこちらから。


スポンサーリンク