「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへー線の魔術」を観に行ってきた感想


渋谷・Bunkamuraザ・ミュージアムで開催されている「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへー線の魔術」を観に行ってきました。

開催しはじめて間も無い平日の午前中に訪れたのですが、なかなかの盛況っぷり。

やはり日本人に絶大な人気を誇るミュシャだけありますね。

そこで今回は、そんなミュシャ展についてレポートしていきたいと思います。

企画展の詳細

  • 企画展名:「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへー線の魔術」
  • 場所:Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷の東急本店隣)
  • 開催期間:2019年7月13日(土)〜9月29日(日)
  • 開催時間:10:00〜18:00(最終入場は17:30まで)
  • 休館日:7月16日(火)、7月30日(火)、9月10日(火)
  • 入館料:一般 1,600円、大学・高校生 1,000円、中学・小学生 700円
  • 公式ホームページ:https://www.ntv.co.jp/mucha2019/

没後80年。時代を超えて、今もミュシャは生きている

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。
「線の魔術」ともいえる繊細で華やかな作品は人々を魅了し、ミュシャ様式と呼ばれるそのスタイルは、後世のアーティストに影響を与えてきました。

ミュシャ財団監修による本展は、ミュシャ幼少期の貴重な作品、自身の蔵書や工芸品、20代に手掛けたデザインやイラスト、そしてミュシャの名前を一躍有名にしたポスターなどを通じて、ミュシャの原点と作品の魅力に迫ります。

さらに、ミュシャ作品から影響を受けた明治の文芸誌の挿絵から、1960-70年代のイギリス・アメリカを席巻したグラフィック・アート作品、現代の日本のマンガ家やアーティストの作品まで、およそ250点でミュシャ様式の流れをたどります。

時代を超えて愛される画家の秘密をひも解く、これまでにないミュシャ展です。

引用:みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ― 線の魔術 | Bunkamura

ミュシャについて

アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、現在のチェコ・モラヴィア地方に生まれアールヌーヴォーの頂点を極めた画家・装飾芸術家です。

アールヌーヴォーとは?

19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に開花した国際的な美術運動。
「 新しい芸術」を意味する。
花や植物などの有機的なモチーフや自由曲線の組み合わせによる従来の様式に囚われない装飾性や、鉄やガラスといった当時の新素材の利用などが特徴。
分野としては建築、工芸品、グラフィックデザインなど多岐にわたった。

引用:Wikipedia

企画展の感想

今回のミュシャ展、太っ腹なことに一部会場に展示されているミュシャの作品が撮影可能でした。

撮影した一部の写真を公開したいと思います。

《黄道十二宮》カラーリトグラフ

 

この企画展、記憶に残しておきたい作品をしっかり写真に収めておけるのも嬉しいところです。

ミュシャの作品を観ている間はずーっと、ミュシャの繊細で緻密な描写に圧倒されっぱなしでした。

優しい色使いにも目が奪われ…心の栄養補給になりました。

このミュシャ展、作品数およそ250点という盛りだくさんの企画展でもあるんです!

多くの漫画家やアーティストにも影響を与え続けるミュシャの魅力が詰まった贅沢なミュシャ展でした。

おわりに

生で見るミュシャの作品の美しさからは、その繊細さと緻密さに圧倒されることでしょう。

9月29日(日)まで開催中とのことなので、興味をもたれた方はぜひこの目でミュシャの作品を堪能してみてくださいね。

  • 企画展名:「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへー線の魔術」
  • 場所:Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷の東急本店隣)
  • 開催期間:2019年7月13日(土)〜9月29日(日)
  • 開催時間:10:00〜18:00(最終入場は17:30まで)
  • 休館日:7月16日(火)、7月30日(火)、9月10日(火)
  • 入館料:一般 1,600円、大学・高校生 1,000円、中学・小学生 700円
  • 公式ホームページ:https://www.ntv.co.jp/mucha2019/

そして、この渋谷での展示のあとは、京都・札幌・名古屋・松本でも「みんなのミュシャ展」の開催が予定されています。
お近くのミュシャ展に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

巡回展

  • 京都展(京都文化博物館)2019年10月12日(土) - 2020年1月13日(月・祝)
  • 札幌展(札幌芸術の森美術館)2020年1月25日(土) - 4月12日(日)
  • 名古屋展(名古屋市美術館)2020年4月25日(土) - 6月28日(日)
  • 静岡展(静岡県立美術館)2020年7月11日(土) - 9月6日(日)
  • 松本展(松本市美術館)2020年9月19日(土) - 11月29日(日)
※会期等は変更となる可能性がございます。

>>「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへー線の魔術」公式サイトはこちらから

スポンサーリンク