代々木上原にある異国情緒あふれるモスク「東京ジャーミイ」について【服装や公開時間は?】


代々木上原駅より歩いて数分のところにある、トルコ系モスクの「東京ジャーミイ」。

一般の人も見学ができるとのことを知って、行ってきました。

そこで今回は、実際に訪れた際の生の声や、見学の際の注意事項などをお話しします。

東京ジャーミイ・トルコ文化センター

小田急線・代々木上原駅より約5分。

井の頭通り沿いを歩いていると異国情緒あふれる建物が見えてきます。

モスクを目の前にした瞬間、その存在感に圧倒されました。

入り口は工芸細工のように綺麗な扉。

この入り口から入ると、トルコ文化センターの事務室やお土産コーナー、多目的ホールなどがあります。

礼拝堂(モスク)は2階へ上がるとあります。

目に映る至る場所の建築もステキで、写真にたくさん収めてきました。


ここがモスクの入り口。↓

礼拝堂の中は、女性は必ず、頭にスカーフやストールを巻かなくてはなりません。

貸し出し用のストールが入り口に置いてありますが、人の使ったストールを使うのは気が引けるという方は、自前のストールやスカーフを持参した方が良いかもしれません。

礼拝堂について

モスクは通常、男性と女性で礼拝場所が分かれています。

東京ジャーミイの場合には、2階が男性用、3階が女性用の礼拝堂になっています。

3階は、女性しか入れないので注意が必要です。

服装について

女性は、必ず頭にストールやスカーフを巻く必要があります。(ストールの貸し出しあり)

そして、長袖、長ズボン、ロングスカートなど肌の露出を控えた服装で臨みましょう。

タンクトップやショートパンツなどの肌の露出が多い服装では入場できないので、注意しましょう。

男性は、女性ほど厳しくはないのですが、肌の露出の多いタンクトップやハーフパンツだと入場できないので注意が必要です。

公式サイト

https://tokyocamii.org/ja/

見学について(公開時間)

午前10時〜午後6時

礼拝堂、1階ギャラリーなどは、基本的に毎日一般公開しています。

ただし礼拝の時間は、お祈りしている人の邪魔にならないように静かに見学しましょう。

アクセス・行き方

【住所】〒151-0065 東京都渋谷区大山町1−19

【最寄り駅】小田急線・東京メトロ千代田線「代々木上原駅」徒歩約5分

井の頭通り沿いにあり、ミナレット(塔)が目印です。

おわりに

日本に居ながらも、トルコやイスラム教などの異文化を知ることができる「東京ジャーミイ」。

東西の文化が融合する国ならではの宗教建築も素晴らしいです。

異国の文化や宗教に敬意を払い、ルールを守って見学をしてみられてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク