アート好き必見!軽井沢「セゾン現代美術館」について

先日、軽井沢に旅行に行った際に、立ち寄ったのが「セゾン現代美術館」。

この「セゾン現代美術館」がとても素敵だったので、生の声をレポートしていきたいと思います!

旅行に行く際の参考になれば嬉しいです。

軽井沢「セゾン現代美術館」

4月〜11月の間のみ開館される、軽井沢にある「セゾン現代美術館」。

世界的に有名な現代アーティストたちの作品が多数収蔵している森の中の美術館です。

自然豊かな庭園に彫刻作品も多数展示されており、フォトスポットも豊富。

キレイに手入れされた庭園の中を歩いてるだけでも癒されます。

軽井沢「セゾン現代美術館」のエントランス

森の中に重厚感のあるエントランスが見えたら、「セゾン現代美術館」の入り口です。

このエントランスもレッキとした作品。若林奮氏の作品です。

入り口には注意書きも。

開館時間内であれば、庭園のみの見学は無料で入れます。

軽井沢「セゾン現代美術館」の庭園

キレイに手入れされた広い庭園の中に彫刻などのオブジェが多数展示されています。

庭園の中には「御影用水」につながる小川も流れており、水の音にとっても癒される!

こちらの印象的なオブジェは、山本正道氏の「風の音」。

「セゾン現代美術館」は、森林浴をしながら、アート作品を堪能できる素敵な場所でした。

セゾン現代美術館の館内

館内は、入場料を払って入館します。

今回、セゾン現代美術館に訪れたのは2019年5月だったので、
「The ENGINE 遊動される脳ミソ/小野耕石 門田光雅」が開催されていました。

展示物の撮影もところどころOKとのことだったので、写真を山ほど撮影。

展示物に関しては、後日またUPしたいと思います。

軽井沢セゾン現代美術館「The ENGINE 遊動される脳ミソ/小野耕石 門田光雅」での展示作品をご紹介!

2019年6月4日

館内には、カフェ「ヤマアラシ」も併設されています。

室内とテラス席が選べます。

テラス席では、森林浴しながらご飯やお茶を楽しめます。

「セゾン現代美術館」の料金

入館料

一般1500円(1400円)、大高生1000円(900円)、中小生500円(400円)
( )は団体20名以上の料金

補足

セゾンカードを持参すると半額になるキャンペーンを随時やっているようです。

(セゾンカード1枚につき、一人分のみが半額対象になります。)

今回、筆者が訪れた際にもキャンペーンをやっていたので、半額の750円で入館することができました。
(2019年5月時点での情報となります。)

「セゾン現代美術館」の基本情報

【住所】長野県北佐久郡軽井沢町長倉芹ヶ沢2140
【TEL】0267-46-2020

【開館期間】2019年4月20日(土)〜11月25日(月)
【開館時間】10:00〜18:00(4月-10月)、10:00〜17:00(11月)※最終入館は閉館30分前まで
【休館日】木曜日(祝日は開館)、展示替期間、但し8月無休

(2019年5月時点での情報となります。)

「セゾン現代美術館」へのアクセス

・軽井沢駅または、中軽井沢駅より西武観光バスで「千ヶ滝温泉入口」下車徒歩およそ7分。

・中軽井沢駅よりタクシーでおよそ10分

おわりに

今回は、軽井沢「セゾン現代美術館」についてご紹介させていただきました。

「セゾン現代美術館」はアートと森林浴が同時に楽しめる、とても贅沢で癒される美術館でした。

軽井沢観光の候補の一つとして、アート好きの方に間違いなくおすすめのスポットです!

今回の記事が少しでも旅行に行く際の参考になったら嬉しく思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク